熊本YWCA新聞2015年3月号

 2015-04-02
沖縄フェスタ報告          江﨑啓子
沖縄の一番良い季節2月14日~16日に全国・フィリピンの会員6名を含めた100名を超えるYWCA会員が集い、沖縄の抱える問題を聴き、現場に行き、学ぶ時を与えられました。
♪『ミルク世(ユ) チュクラナ ウチスリティ』
1,痛みを分かち合う時に  ひとはいやされる
痛みを分かち合う時に  世界はむすばれる
喜びを分かち合う時に  ひとはむすばれる
喜びを分かち合う時に  世界はむすばれる
*泣くものと共に泣き 喜ぶものと共に喜ぼう
  新しい世界が生まれる 
ミルクユ チュクラナ ウチスリティ
2,どんなに遠く思えても 必ずその日は来る
  どんなに遠く思えても いまその日は近づいてる
  どんなに難しく思えても 必ずその日はなる
  どんなに難しく思えても いまその日は近づいてる
    泣くものと共に泣き 喜ぶものと共に喜ぼう
    さまたげるものはない  
ミルクユ チュクラナ ウチスリティ

この歌は「人々が豊かに平和に暮らせる世の中をみんなで一緒につくっていこう」と言う意味で、今回のテーマ曲として、何度も何度も歌いました。
 3グループに分かれたフィールドワークでは、①異文化との出会いを通して、今日の日本を考える ②辺野古・普天間(基地問題を 中心に) ③竹富町・八重山教科書採択問題があり、熊本からの俵さんは③に、江﨑は②に参加しました。②に参加した江﨑は、いかに沖縄が日本政府から捨て石にされ、文化・土地を奪われ、騒音(轟音)の中で日常の暮らしを迫られているという人権侵害・米兵との関係における恐怖(日米地位協定が常に優先される)・まるで基地の中に住民が暮らしているような沖縄の人々の生活を目の当たりにしてきました。辺野古では日曜ということもあり、珊瑚礁から出たきれいな砂が眩しい静かなうつくしい海が拡がっていました。その海を眺めながら聞いた説明は「米軍のために滑走路を造りたい日本政府からの指示」で、カヌーで抗議活動をする人々をたたく、海に突き落とす等の阻止行動があり、ずっとバスでガイドをしてくださった川上よしこさんの手にはその時に受けた打撲のため湿布が貼られていました。テント村のすぐ横にはキャンプシュワブのフェンスが日本と米国を仕切ってあり、そのフェンスには抗議のバナーがたくさん取り付けられていました。そこから移動して、キャンプシュワブのゲート前で座り込みを続け抗議活動をしておられる方々と一緒に歌い、踊ってきました。
 ③教科書問題分科会は午前中座学による育鵬社版中学歴史・公民の教科書の問題検証と、八重山地区(一市二町)で竹富町のみが育鵬社版を問題ありとして東京書籍版を採択した結果、義務教育にも関わらず無償配布が認められなかったという一連の問題を学んだ。午後は首里城地下の32軍司令部壕や平和祈念資料館を訪ね、集団虐殺も含め住民の4分の1が命を落とした沖縄戦、戦後27年の占領時代、復帰後も続く差別の歴史に触れ、正しく知って伝えることの責任を痛感しました(俵)。

2014年度総会のお知らせ
 日時:4月11日(土) 13時~15時  場所:YWCAリサイクルセンター2階 
☆ 皆様どうぞご出席ください。 欠席の方は委任状をお願いします。       
☆ 11時より 「わくわくキャンプ報告会」 ** サンドイッチ、スープ有。 ** 



聖書の学び2月  (西川晶子牧師指導)

   マルコによる福音書1章35~45節
『カファルナウムで癒しを行われたイエスは朝早く人里離れた所へ行き祈っておられた。シモンと仲間はイエスの後を追い「みんなが捜しています」と言った。イエスは「近くのほかの町や村へ行こう。そこでも、私は宣教する。そのためにわたしは出てきたのである。」そして、ガリラヤ中の会堂に行き、宣教し、悪霊を追い出された。』
 この福音書記者マルコはイエス様の行動(カファルナウムからほかの地域に行かれるという)に神様の元から来られ、一カ所だけにとどまるのではなく、全ての人のためにイエス様は遣わされたことの意味を含ませている。イエス様はガリラヤ中を廻り宣教と癒しを行われたと聖書には記されている。
マルコは特にイエス様の働きを書くために、いやしの記述は長く記している。
 旧約聖書によると重い皮膚病の患者は汚い着物を着て、「私は汚れています」と叫び、人里から離れて住まなければならなかったと書かれている。それは伝染病からの、又原因が分からないことによる病の隔離であったのが、宗教的に利用され、その人達は・肉体的苦痛・精神的苦痛・社会的に阻害されるといういくつもの苦痛の中に置かれた。
 現在の社会でも自分と違うものを嫌い、自分の近くから遠ざけるという差別があるように見える。これはイエス様の時代から2千年もたっているのに、同じ人間の心の問題では無かろうか?
  と、こういう話を聞き、平和を作ること・自由とは?というようなことをみんなで話し合った2月の聖書の学びでした。
        (まとめ江﨑)
                



ひな祭りに参加して    古川紀美子
何年か振りにひな祭りに参加しました。
海外進出した日本企業に勤務し、転勤で熊本に転入してきた外国人家族に、私は、国際交流会館武蔵が丘教室で、日本語を教えています。彼らは、日本社会に溶け込みたいという強い思いだけでなく、子供たちが学校に通っていることもあり、必要にせまられて、毎週、目を輝かせて真剣に学んでいます。国籍は多種で、国際結婚も多く、クラスも賑やかです。その生徒さん達5人をYのひな祭りに誘ったところ。夫、子供を加えて総勢15人が、皆大喜びで参加してくれました。5家族は、美しく着飾った女性達に加え、ご主人達も袴姿、女の子たちもそれぞれ美しく愛らしい衣装で、男の子も正装しご機嫌でしたが、中学生の男子二人は戸惑っている様子で微笑ましいものでした。
お茶席では、彼らが薄茶を運び、「お茶をどうぞ」と接待する姿は、この日習ったとは思えないくらい堂に入っており驚きました。
ひな祭りは、20年以上前から続いているYの活動一つです。この日のためにボランティアの方たちが、着付け、お茶の接待、踊りと、手際よくご協力下さいました。
発足当時の活気にみちた頃のYの活動から振り返れば、ひな祭りの規模は小さくなりましたが、他の団体の同様な催しもあって、文化交流はいろいろな形で市民に定着しているようです。
ぎくしゃくしたむつかしい関係も存在しますが、地道な草の根の交流が平和への基本であることを痛感します。


 

2014年度特別企画 もっと暮らしを素敵に!
-暮らしと政治を知る・語る- 4回シリーズを終えて

講師 幸村 香代子

「女性を政策決定の場に増やしたい」そのような思いで活動をしています。今回、私の経験を皆さんに伝え、皆さんから意見を聞き、一緒に考える機会を与えて頂いた事に感謝しています。4回シリーズということで長丁場でしたが、折しも25年12月衆議院選挙、27年4月統一選挙、28年参議院選挙が行われるということもあり「選挙と暮らし」を実感できる機会でもあったと思っています。第1回目ではグループ討議で、日頃感じている問題を出し合い、更にその解決の為に何ができるかという意見交換をしていただきました。これが基本になっています。第2回目では議会の仕組み。第3回目ではいろいろな活動をされている方のパネルディスカッション。第4回目でまとめの意見交換、という流れで進めました。
参加してくださる皆さんが、それぞれにいろいろな活動をされていて、私自身が知らないことも多くあり、教えて頂きました。市民活動をしていると、自分の活動でいっぱい、いっぱいになってしまい、余裕が無くなりがちですが、皆で集まって話をすることで、安心したり同じ思いを持った人がいるのだと元気をもらったりします。
特に政治の世界は何となく敬遠されがちです。でも、ごみの出し方から、介護や子育て、教育や町づくりなど、暮らしに身近な問題が議会で決まっていきます。税金を納めているのですから、その使い方について意見を言うのは当然のことだと思いませんか。選挙で投票をしたら、お任せにするのでは無く、議員がどのような意見を述べ判断をしているのかチェックすることが必要です。更に、自分と同じ考えや感性を持った議員を議会に送りだすことが、もっと近道だと思います。今回のシリーズを通してそのような運動が生まれることに期待しています。

参加頂いた皆様と講師の幸村さんに感謝申し上げます。人として生命をつむぐため、女性が集い声を出し安全な暮らしを求めて、今、正に行動すべきだと思い至った学習会でした。  (貝塚好子)




ネイバーズ報告  ~韓国料理~ 
講師 이승애 (李スンエ)
今年2月19日は韓国の大名節である旧正月でした。ネイバーズ例会の2月17日には旧正月を迎えて韓国の正月料理を準備しました。
実は、料理は苦手だし、教えるよりもまだ学ばなければならない立場でしだが、正月料理の授業は一生懸命準備をしました。授業が始まると、胸がドキドキしたがそれを静め、料理をしました。料理をしながらお互いに違う文化に対して話もしました。料理だけでなく、文化についても学ぶ意味深い時間でした。
韓国に対して多くの関心を持って頂いた方々と短い時間だったが、楽しい時間でした。


福寿草バザーに参加して
             首藤和子
 恒例の福寿草バザーは2月7日、YWCAセンターを会場に留学生バザーと合同の形で開催されました。以前と違って花陵会への荷物の移動に要する時間と労力はかなり軽減されたとはいえ、やはり準備や後片付けの為の力仕事、陳列や値付けの細かな作業は大仕事です。右往左往するばかりの自分に引換、機転と行動力で手際よく処理される方々の姿は頼もしい限りです。
 2階は衣類や食器、1回は寝具や日用品、食品の売り場となり、外のテントには新鮮有機野菜や手作り菓子が並び、事務室は食堂に早変わり。ワンコインランチ(中華丼、スープ、サラダ、デザート)が好評でした。当日の参加が出来ず、様々な形での支援(献品や食バザー用の手作り品)もありました。すべての事を含めて今回もYの底力の健在ぶりを感じました。      






スポンサーサイト
タグ :

熊本YWCA新聞2015年2月号

 2015-04-02

「沖縄の大学生に出会って」

                     さとうじゅん(熊本YWCA賛助会員) 
 沖縄の今を伝えるため、一年間大学を休学して、全国一人旅を続けてきた知念優幸君の講演会が、先日熊本で開催されました。
 沖縄では、辺野古新基地建設反対の声が根強くあり、その民意を受けて新知事が誕生しました。しかし、強引に建設工事が進められています。知念君は、過重な基地負担が沖縄に押し付けられている現実を、本土の人に伝えようと思い立ち、旅に出る決心をしたそうです。 
 彼は、「あなたにとって、平和って何ですか?」と私たちに問いかけました。そして「日本の平和(繁栄)は、琉球王国が日本に組み入れられ、壮絶な沖縄戦を経て基地負担を強いられている今に至るまで、沖縄の犠牲の上に成り立ってきた。そのような沖縄は平和と言えるでしょうか?」と訴えました。その事を「本土の多くの人々は知らない、あるいは他人事のように思っている」という彼の言葉は、私の胸に深く突き刺さりました。平和とは、差別、貧困、抑圧などによって傷つく人がいないこと、全ての人の命が尊重されることだと彼は言いたかったのだと思います。
 人間は限りある存在で、全てを知ることはできません。しかしそのことにあぐらをかくことなく、自分の中の無関心や他人事だと思う気持ちに気を付けなくてはと思います。そして、知っただけで終わらせないこと、小さな一歩でも前に踏み出すことが、平和を実現することに繋がるのだと思います。
参加者の中には、聞いたことを周りの人に伝え始めた人、沖縄県知事に応援メッセージを送った人など、早速行動を起こした人たちがいます。またネット上では毎日、辺野古で反対する人々の様子が共有されています。国会前では、7000人が建設反対の声を上げました。同じ思いの仲間が確実に増えていると感じます。
本土の私たちに沖縄の今を問うた知念くんの勇気を、決して無駄にしたくはありません。沖縄から離れていても、できることを始めていきたいものです。

ひな祭り のお知らせ 
(外国人のための日本文化体験)
とき:3月1日(日) 13:00~ (受付1時半まで)          
場所:慶徳地域コミュニティーセンター(096-325-6628)       
内容:着物着付け 日本舞踊 お茶のお点前 琴演奏
参加費:¥600(夫婦:¥1.000、子ども:¥500)
要予約 2月20日まで石田:090-6427-7555                     
 ★お手伝いは12時半から。よろしくお願いいたします!


 聖書の学び 1月(西川晶子牧師指導)

マルコによる福音書1章21~34節
「権威ある新しい教え」の始まり
弟子となった4人の漁師、シモンとアンデレの兄弟、ヤコブとヨハネの兄弟と共にガリラヤ湖畔の町カファルナウムに入られたイエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。当時会堂では律法学者に限らず誰でも説教することが許されていたのだが、イエスの教えはそれまでの誰とも比べられない不思議な権威に満ちていて、イエスの教えを聴いた人々は非常に驚いた。会堂でイエスが汚れた霊につかれたものから言葉を持って汚れた霊を追い出されると、人々は「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く」と驚き、ガリラヤ中にその評判が広がった。
汚れた霊とは、人を圧迫して混乱と不安をもたらし非人間的な状況におこうとする神と対極にある力である。一方、神の権威とは、人を人として活かす言葉(=愛)、人を全体的に回復させる力、癒しの力である。人は、権威を自分を作り上げるために使おうとするが、神の権威は人に向かって人を作りあげようとするものである。目に見える癒しの奇跡は現代にあっては少ないと思われるかもしれないが、たとえ病の中にあっても、その人を人として活かす内面に生ずる力も癒しの力である。マルコが最初のイエスによる奇跡に続けて紹介する癒しの記事は、シモン(ペテロ)のしゅうとめの病が癒されて、みんなをもてなした、というエピソードである。イエスが人々の心配に応えて、自分の方からしゅうとめに近づいて手を取って起こされるとただちに熱が去った、とある。彼女のもてなしのふるまいは、いやされた恵みの分かち合いである。
汚れた霊が猛威をふるっているかに見える出来事が国内外で後を絶たない今日この頃、人を人として活かし作り上げていく権威ある言葉に真剣に耳を傾けていきたいと願う。(俵まとめ)

福島で、子どもを想う人々と出会って
                           入江有美 (わくキャン学生ボランティア)
 私はフィールドワークで福島県を訪れました。そこでは、同じ放射能被害を受けながらも意見や考え方の違う2つの地域を訪ね、お話を聴くことが出来ました。
 川俣町の方は、放射能に対する不安から、避難や保養の権利が欲しいと訴えていました。また、何世代も先の子どもたちにも放射能の影響が出るのではないかという不安も強く持っていました。しかし、地域の中で放射能の話がタブーになっていたり、それぞれが違う意見を持っていたりして、なかなか意見がまとまらないと言われました。また、このように行動を起こすことで、周りから「きちがい」と言われたり、周りの目を気にする自分の子どもにやめて欲しいと言われたりすることがあるという話もありました。
 一方福島市内の渡利地区に住む方は、もちろん放射能に対する不安はあるのですが、放射能と向き合いながら地域の中でどのように暮らしていくか、地域で話し合って方向性を決めているようでした。“子どもが転んで怪我をする”というような、日常生活で当たり前のように起こり得る危険として放射能を捉え、自分達でできる限り管理しながら、地域の中で生活しているようでした。
 この2つの地域でお話を聴くと、一見全く違う意見に聴こえますが、両者とも当然ながら放射能に対する不安は強くあります。そして両者とも、自分の子どもや何世代も先の子どもたちへの影響を少しでも少なくしたいという想いが一番強いのではないかと、私は感じました。その強い想いは両者とも変わらないのですが、それがそれぞれ違う行動に出ているのではないかと感じました。


2014年度YWCA奨学金授賞者紹介

★石亮亮さん
(中国:熊本大学大学院博士課程)
この度は、熊本YWCA奨学生に採用して頂き、誠にありがとうございます。三年間の私の取り組みをこのような形で評価していただき、大変光栄に思うとともに感謝しております。
私は2012年2月から留学生として熊本大学社会文化科学研究科一年に入学、研究生期間を経て東アジア・ビジネス・コミュニケーション専門職コースに入学しました。忙しい研究漬けの毎日で、バイトの時間が少なくなりました。バイトと勉強の両立は私の留学生活において必要不可欠な課題です。経済の面では苦しいですが、これこそが自分を磨き、自己を高めるいいチャンスだと思っています。よその国に留学して、自分の国と違う生活環境になるので、異文化の考えを養成する必要があり、難しいですが毎日頑張っています。今回、奨学金を頂いたことで、勉強に励むことができ、大きな自信となりました。
熊本YWCAでは重要な体験をしました。2013年熊本YWが開催したひな祭りに参加しました。日本の着物を着て茶道や踊りの体験をしました。異文化と出合って、今までとは異なる価値観に触れ、異文化への理解が出てきて、本当に一生忘れない体験になりました。これからこのような体験にもっと参加したいと思います。
将来、私は日本と中国の架け橋になり、日中友好交流の促す役割を果たしたいです。その目標に向かって、毎日頑張っています。今後奨学生とし、熊本YWCAの皆様への感謝も忘れず、精一杯努力していきます。

☆今年度は面接、審査の結果、合格者は1名となりました。 
☆贈呈式:2/7(土)福寿草バザーの日 13:00~

私のお気に入り~熊本YWCA~

                                         井芹さゆり
 お気に入りがYなのって言われそうですが、お気に入りの一つになっていることは間違いありません。20年以上も前に熊本YWCAと出会ったほんの小さな縁が、今に繋がっています。自分自身が経てきた年月と熊本Yに関わってきた年月は交差し、振り返ると歩んできた道がそこにあります。日常と多忙を言い訳に、やっと熊本Yに留まっている私にも、思いを共有する場を提供して下さる皆さんの心の広さにはいつも感謝しています。そして、心密かに「私にはマネができないなあ・・・無理だ~」と思います。でも、そのピュアな心が時々心配になる時があります。大切なことのために真っ直ぐに突き進もうとするあまり、勢いがつきすぎているのではないかと思い、ついつい横から口出しをしてしまいます。それでも、受け入れてもらえるのが熊本Yなのだと、甘えさせていただいています。
今、熊本Yは経験を積み、少しずつ蓄積してきたものもあり、女性として良い歳を重ねて来ていると思うのです。確かに新しい力、若い力は貴重ですし、大きな力になることでしょうが、ちょっとだけ自身を見直してみてもいいのではないでしょうか。そうすると、しわやシミはあるかもしれませんが、心豊かな味わい深い面影が見えてきませんか。
私の熊本YWCAは、芯の強い、情熱を持った、心優しい素敵な女性だと思っています。だから、お気に入りなのです!     
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫