熊本YWCA新聞2015年5月号

 2015-05-07
世界YWCAデー ~「Yの女性の素敵な生き方」ワークショップ
              栗原 希代子

4月24日の世界YWCAデーを覚えて、大型連休初日の29日、ルーテル室園教会で特別の時間を過ごすことができました。YWCAの活動をとおして若い世代が育ち、リーダーシップを発揮できるようになってほしいとのメッセージが、講師のハン・ミミさんから、爽やかにしかも力強く伝わってきました。
「福島キッズ&熊本キッズ春のワクワクキャンプ」のボランティアスタッフとして活躍した大学生も、多く集まってくださいました。21世紀を生き抜く彼女たちが、ビジョンをもって、努力と才能と情熱を活かして歩んでいけるようにと、熊本Y会員の皆さんの願いと思いも一つになった感がありました。ルーテル学院高校Yの生徒たちも、進学先や就職の選択、その他の活動をするにしても、「なぜ」そうするのかをハッキリとさせておくことが大切だと気づいた様子でした。そして、年齢に関係なく、自ら卵の殻を破っていく者になり、可能性を具体的なものにしていく一人ひとりでありたいと思います。
「若いころ 私は世界を変えたいと思っていた。世界を変えることが難しいことが分かり、自分の国を変えようと思った。自分の国を変えることができないことが分かり、私の街を変えようとした。街を変えることが難しくなり、自分の家族を変えようとした。年を取った今、私が変えることができるのは、自分自身だけであると分かった。もっと前に自分自身を変えていれば、私の家族に影響を与えることができた。私の家族と私は街に影響を与えることができた。その影響は国を変え、本当に世界を変えることができたかもしれない。」(1100年 ある哲学者の言葉)
この詩の一部がハン・ミミさんから紹介されました。私たちは善いリーダーとなる可能性があることと、一歩踏み出し、小さな変化から大きな未来をつくるようにと激励していただきました。樋口さんのお弁当も本当においしくて、満足度の高いYデーでした。会運営などいろいろな面で、細やかなお働きに感謝します。



*世界YWCAデー*

熊本学園大学生・前田佳与さんの感想
今回の講演では、自分の価値観や情熱にたくさんプラスに出来ること、自分の価値観や情熱を転換していかに人生の中で生かしていくと良いかということを学ばせていただきました。
ひよこになるか、目玉焼きになるか、外の抑圧に対し自ら殻を破って未来を切り開いていくことが大事だということ、みんな特別な才能を持っていて、自分は何も取り柄がない、才能がないと思いがちだが、それはまだ気づいていない場合や何が向いているかを探っている段階ではないかということを感じました。また、自分の未来を変える、成功のために挑戦する、情熱を持って行動するということは周りの世界も変えていくきっかけになるのではないかと思いました。「本当は限界はない。誰も不幸になるために生まれてきたのではないですよね。」というミミさんのお言葉に勇気づけられました。



聖書研究会 4月
<マルコ福音書2章13節から22節>
聖書のこのあたりは、イエスがユダヤ教の聖職者としての地位を投げだし、差別されている人々のところへ自分から入っていくというエピソードがたくさん出てくるそうです。今回のお話に出てくる「徴税人」という仕事は、パレスチナの地がローマに支配されていた時代にあってはどういうものであったのか、このことを西川牧師が説明されました。人から嫌われる仕事だった、そんな人にイエスは声をかけ、食事に招いたといいます。その行為は、形骸化したユダヤ教律法主義者との闘いともとらえられているようです。律法主義者とはどんな人達だったかという話から、現代でもイスラエルでは「安息日」の掟が厳しく守られているという事例などの紹介もありました。
この章にある「新しい酒を古い革袋に入れる」という譬えを、私も聞いたことがあります。これは、ぶどう酒の発酵から譬えられたもので、新しい考えが旧弊と葛藤する様を言い当てているとのこと。聖書の作られた時代を思い、そうだったのかと納得しました。
最後にひとつ、前回の聖研のことを記します。私が「原罪」とは何かとお尋ねしたところ、皆さんから、「言い訳をする」こと、「責任転嫁をする」こと、とのお答えがありました。人間の意志の弱さを言い当てていると言えるでしょう。キリスト教の一端に触れ得たような気がしました。私は歴史の勉強が大好きな「歴女」です。世界史理解の一環として参加させていただいています。今後も広い見地からのお話を期待しています。  (柳田惠里子)


あじさいバザーのお知らせ 

  ネパール地震被災者支援!

日時:6月6日(土)    11:00~15:00  
  場所:熊本YWCAセンター1階、2階    
 ★ランチ:ネパールカレー¥500!  お友達をお誘いください。
 前日準備: 6月5日(金) 10:00~15:00 …短時間でも来られる時間にお願いします。
当日準備: 6月6日 9:00~
 ・献品及びお手伝いをよろしくお願いいたします!
 ・支援の募金も受付中です


「わくきゃん」に参加して ~ スタッフの声。声。声。~
その②

石坂奈津海なっつん(石坂奈津海):今回初めてこのようなキャンプにたずさわり、学生リーダーとして、子どもたちを引っぱっていく立場だったので、自分にチームをまとめる力があるか、という不安が最初はありました。でも、子どもたちに助けてもらったり、教わることがたくさんあってなんとか学生リーダーを務めることができました。5日間のキャンプを終えて、まずは子どもたちにありがとうと感謝を伝えたいです。また、キャンプをする上で支えて下さった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。



原口祐佳 じょーじ(原口祐佳):実行委員もあまり参加できない中でリーダーになりプログラムをもち、たくさん迷惑もかけ力不足の点もありましたが、無事終えることができてよかったです。小学生とこんなに密に関わる機会はなかったので、5日間の中で普段できない貴重な経験ができました。まずプログラムは蹴るアイス作りに関わらせて頂き、試行では失敗をくり返しましたが、本番では5班全部が成功し、またみんなの笑顔が見られ、達成感を感じることができました。またこのキャンプでたくさんの方々と出会うことができ、参加してくれたキャンパー、そして関わって下さったすべての方々に感謝しています。ありがとうございました。


長井麻衣まいどん(長井麻衣):私は今回、サブリーダーとしてキャンプに参加しました。最初は自分も緊張と不安でいっぱいだったのですが、子ども達の笑顔や声を聞いたら、そんなことは一気に吹き飛びました。この5日間、子ども達とたくさん笑い、たくさん食べて、たくさん遊びました。本当に充実した毎日を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。
5日間のキャンプで皆さんと共に過ごした大切な時間は絶対に忘れません。そして、いつか会えることを楽しみに、また会える日を願っています。


前田佳与かよよ(前田佳代):今回のキャンプではたくさんのことを福島のみなさんと熊本のみなさんから学ばせていただきました。子どもたちとこんなに接する機会は少なく、私自身妹弟がいませんので、とても新鮮で優しい気持ちになり、妹・弟のように可愛く感じました。2日ほどしか一緒に過ごすことが出来ませんでしたが、かよよ!と、私のところに来てくれたり、髪飾りやネームプレートをかわいい!ちょうだい!と言ってくれたことを今でも愛しく思っています。宝探しではみなさんを困らせてごめんなさい。ですが、構ってくれたことが何より嬉しかったです。
たくさんの貴重な経験とみなさんの笑顔を見ることができました。ありがとうございました!また一緒に遊びましょう!再会できる日を楽しみにしてます!

スポンサーサイト
タグ :

熊本YWCA新聞2015年4月号

 2015-05-07






2014年度総会が終わり、新年度も始まりました。

                       江 﨑 啓 子
2014年度総会は礼拝の中で沖縄の報告を聴き、辺野古へ軍事基地を作らせようとし、民意を無視し続ける政府に対して、反対の表明・沖縄と連帯する心を持つことが確認されました。
又、福島に対しては総会に先立ち「福島&熊本キッズ 春のわくわくキャンプ」にリーダーとして参加してくれた熊本学園大学の学生たち8名がそれぞれの感想を述べてくれました。年間計画の中で例年8月に行っている平和学習会の時、吉村日本YWCA副会長より福島の状況を聞き、「いつか保養プログラムを熊本で出来ないかな・・」と言う話になり、「やるなら実行委員会を立ち上げよう」と運営委員会で動きが始まりました。“本当に子ども達が集まるの?”という心配をよそにキャンセル待ちが出る状況に喜び、3/25~3/29という年度末に「福島&熊本キッズ 春のわくわくキャンプ」を行うことができました。関わった大学生達は小学生との接点もなく、どうなることやらと不安の中で企画を作り、集まった31人の子ども達で5つの班分けを行い、一つずつプログラムを行うごとに福島、熊本の子ども達の見分けもつかないように仲良しになり、リーダー達ともうち解けていく姿がありました。 別れの熊本空港でリーダー達は涙を流し別れを惜しんでいました。
このキャンプには外部の方々の大きな支援があり、83口ものカンパをいただき、お借りした熊本学園大学研修所は4泊5日の宿泊、またバスでの送迎もしてくださいました。そして、この研修所のある西合志地区の農家の方々からは新鮮取り立て野菜の提供、料理の指導協力をいただき実り多きキャンプとなりました。
「やって良かった!」という学生達の声を聞き、又やろうという決心が付きました。
だから、2015年もやるのです!! 又、皆様方にご協力をいただいてやることになりますのでどうぞよろしくお願いします。
本来ならもっと若い会員が会長の役を担うべきだと思いますが、今のところそれが適わない状況にあり、これからの2年間会長というお役を引き受けましたので、時々ご迷惑をおかけすることがあるかも知れませんが、どうぞよろしくお願いします。



聖書の学び3月   (西川晶子牧師指導)

「罪」マルコによる福音書2章1節~12節
昨夜“松本清張”の「砂の器」というテレビドラマをみました。これは好きな小説の一つですが、ベテランの俳優の名演技(特に脇役)で改めて別の切り口からの戦争の悲惨さや人間としての悲しさを感じさせるものでした。はっきりとした悪意のある行動、やるべきではなかった後悔を伴う行動、それを罪というのはたやすいことでしょう。しかし、人はそれと知らずに他人や自分自身を傷つけてしまうのです。これもおそらく罪でしょう。
今回の勉強会のテーマは罪でした。おそらくクリスチャンとしての罪とそうではない一般のノンクリスチャンの罪とは違いがあるでしょう。話を「砂の器」に戻します。戦争は直接に傷を受けた人にもそうでない人にも影を落とします。知らない間に互いに傷つけ合ったりします。幼い主人公へのいわれのない迫害、歪んでいく心、周りの人々の無知という悲しい現実は不幸をどんどん増幅していくのです。悲しいドラマでした。そして、次回の勉強会では改めて罪を深く探り始めるのです。 
(石田喜美子)





特集  福島&熊本キッズ春のわくわくキャンプ
くまモンと集合写真昨年8月の恒例の平和の集いに、学園大の講師として京都から熊本に戻ってきていた吉村千恵さんを講師に迎えて、放射能汚染による低線量被爆の恐れと不安の中で暮らさざるを得ない福島のこどもたちの現状と、日本YWCAが福島原発事故以来各地域Yの協力で取り組んできた一時避難の形の保養プログラムでの体験を 聴く機会を持ち、遠く離れている私たちにもできることをしたいという思いが与えられたのが、今回の「福島と熊本キッズ春のわくわくキャンプ」計画の始まりでした。キャンプリーダーとなってくれる学園大の学生さん達の参加を得てプログラム企画準備が始まり、日程と場所が3月末4泊5日、西合志の学園大学合宿所(シーツ代のみ、送迎バス提供!)と決まり、趣意書をつくって募金とボランティア募集、そして子どもたちの募集と今年に入って急ピッチで進みました。募金も室園教会はじめ大勢の方たちからほぼ予算通り与えられ、地元の方たちからのびっくりするほどの食材や物品の提供、食事作りお手伝い、お花の苗提供、ルーテル学院の教職員や学生さん達、キャンプ協会等のご協力で、総勢31名の子どもたちを迎えて始まったキャンプはお天気に恵まれ桜やくまモンの歓迎もあって、楽しくあっという間に、たくさんの良き思い出を残して無事終了しました。福島までの送り迎えまで責任をもって終始すべてを支えてくれた吉村さんのリーダーシップに感謝です。あだ名で呼び合い心の通い合った子どもたちや学生リーダーたち、ボランティアたちの中に育まれた温かな交流の思い出に感謝です。                      俵恭子





ご支援くださった方々の感想 
  

渡邊真帆私が参加した方言かるた作りでは、かるたを1から作り、そのかるたでチームに分かれてかるた取りを楽しみました。読まれた方言をお互いに「どういう意味?」と聞き合う姿がありました。熊本と福島の方言を理解し合うことが出来て、とても楽しかったです。私は大学で幼児教育を学びたいと思っています。学生リーダーの方々の子どもとの接し方がとても参考になりました。貴重な体験が出来て本当に良かったです。来年も是非参加したいです。
   渡邊真帆: ルーテル学院高校1年



わくわくキャンプの話を聞き、私は、農業の盛んな合志市の特性を生かして、美味しいものを食べてもらいたいと思い、農産物の提供を思いつきました。さっそく、地域の農協女性部、直売所生産部会、読み聞かせ仲間の生産者にも声を掛けると、皆さん二つ返事で協力するよと約束してくれました。
冬と春野菜の端境期で品薄な時期でしたが、いよいよ集荷の日、「子ども達に食べてもらってください。」そんな言葉と共に、大根、キャベツ、ブロッコリー、トマトなどの野菜類、そして、牛乳、卵など予想を上回る28種類の食材が集まりました。
他にも、郷土料理を食べさせたいと地域のボランティアの皆さんが駆けつけ団子汁やいきなり団子も出来ました。「子ども達のために!」その想いと笑顔が集まった5日間でした。
松本武士:合志市在住

今回のキャンプは、本当に多くの方々のご支援ご協力を賜り、子ども達の歓声が響く素晴らしい保養キャンプになりました。福島と熊本の子ども達は、お互いにすぐに仲良くなり、疲れを知らない子ども達のエネルギーには圧倒され通しでした。中々寝付けない子ども達には「まつげんの魔法をかけてあげる!」と言って、目をつぶらせて深呼吸させながらゆっくり数を数えましたが、100まで数えても寝ない子もいました。私は、スタンプラリーでの「ご当地クイズ」と、クラフトで「押し花しおり作り」を担当しましたが、子ども達のセンスには脱帽でした。また、何人かに軽くフットケアをしてあげましたが、良いコミュニケーションが取れたようです。この保養キャンプは、是非継続して行なって欲しいと思います。
松元玲子(キャンプネーム:まつげん):熊本YWCA会員

 26日、27日と2日間初めてお手伝いをさせて頂きました。友人(合志市の料理研究家:山田千代美さん)の誘いで貴重な体験をさせてもらい、感謝いたしています。今振り返り私の心に残っているのは、26日のいきなり団子作り。小学校低学年の子どもたちの小さい手にふれ、柔らかく温かい手、子どもの手ってこんなに心が暖かくなるのだなあと忘れていた感触がよみがえりました。子どもの手を持ち、一緒に「こうして包むんだよ」と話しながら作り、楽しい一時でした。又27日には「おばちゃん夕食はなあに?」と子どもたちの元気な声に「お好み焼きよ!!」と答え、私には孫がいませんけど何だか孫との会話を味わわせてもらいました。2日間通して子どもたちより元気、明るさ、素直さを感じさせて頂き、明日への活力をいっぱい頂き、感謝いたします。又スタッフの方々皆様にも心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。こういうふれあいが今後も出来たらありがたいです。 
 小林文子:合志市在住、食事ボランティア
         
熊本YWCAで活動している妻の誘いで、わくわくキャンプのキャンドルサービスのプログラムを引き受け、3月28日寺崎、松永、井芹の3人で参加しました。子どもたちの顔を見るまでちょっと心配もありましたが、当日はとても楽しんでくれたようです。キャンドル作りをした甲斐があったなあと思いました。全体プログラムが少々盛りだくさんのようでしたが、皆さんの想いがこもったキャンプだと感じました。皆さん、最後までご苦労さまでした。
 井芹大見 :熊本市キャンプ協会



「わくきゃん」に参加して ~ スタッフの声。声。声。~ その①
               
今回、初めての取り組みでしたが、スタッフや支援者には本当に恵まれました。みんな「いったいどうなんるんだろう?」と思いながらも一生懸命関わって下さいました。以下、子ども達と文字通り「寝食をともにした」リーダー達からの一言です。皆さん本当にお疲れ様でした!                     吉村千恵



宮崎晃帆ほってぃ(宮崎晃帆):今回、春のわくわくキャンプに企画する段階から参加し、全てが初めて経験することばかりで、自分の中で不安や戸惑いが多くありました。ですが、話し合いを進めていくことでキャンプの中身が具体的なものへとなっていくのを感じることができ、不安と同時に楽しみな気持ちもでてきました。私が企画を担当したスタンプラリーでは準備の時は上手くいくだろうかと思いがあったり、ギリギリまで準備していてバタバタでした。事前準備もしっかりとできていたら良かったなと反省しました。実際にスタンプラリーを進めていくと、子どもたちの笑顔を見ることができ最後には「スタンプラリー楽しかった」と言ってくれる子もいて本当に嬉しかったです。
 キャンプ全体を通し、大変だった部分も多くありますが、貴重な体験になり大切な思い出となりました。キャンプに携わって下さった皆様本当にありがとうございました。みんなまた遊ぼうね!
ゆみっち(入江有美):キャンプを最初の段階から関ったり、プログラムを担当したりすることを経験して、多くのことを学びました。また、大勢の子どもたちと接すること自体がいい経験で、子どもたちから学びことも多かったように思います。このキャンプに携わることができてよかったです。ありがとうございました。   
最後に子どもたちへ。みんなのおかげであの4泊5日は最高の思い出になったよ!みんながプログラムを楽しんでる姿や、ご飯をおいしそうに食べる姿が忘れられません。みんなと過ごした時間は本当に楽しかったよ!最高の思い出をありがとうございました!  


内山明香うっちー(内山明香) :今回の春のキャンプで、沢山のことを学ばせてもらいました。特に、子どもたちの一生懸命な姿や笑顔や、私には思いつかないような言葉から考えさせられる場面も多かったです。子どもたちのエネルギーは本当に凄い!と改めて感じました。福島の子、熊本の子、リーダー、YWCAの方々、ボランティアの方々などに、このキャンプに参加したことで出会えることが出来て良かったです。本当に素晴らしい経験をさせていただきました、
ありがとうございました。 


豊田あづみあずみ(豊田あずみ):私にとって5日間のキャンプは一生忘れられない大切な時間でした。熊本と福島の子どもたちやリーダーのみんなと一緒にごはんを食べたり、遊んだりして本当に楽しかったです。私は子どもと接する機会があまりなくて、最初は子どもたちとうまく話せるか不安でした。しかし、子どもたちと会って不安はふきとびました。1人ひとりが個性豊かで、素直で、私は元気をたくさんもらいました。リーダーとして、子どもたちに話をきいてもらうことやいけないことをしたら言ってきかせることが難しかったです。また、子ども達の一言から福島の子どもたちは外で遊べない、水を安心して飲めない状況にあるということを肌で感じ、原発事故は終わったわけなではないと思いなおしました。良い体験をさせてもらい感謝しています。Thank you!



*~スタッフの声・声・声~その②は来月に掲載します。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫