FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

熊本YWCA新聞2018年4月号

 2018-04-15
 「南京を考える旅」に参加して
 俵 恭子
  去る3月8日から13日まで、第4回中国YWCA主催「南京を考える旅」が、南京YWCA・YMCAの建物を主会場として南京市内で行われ、九州からは熊本YWCAのCosmopolitan委員会ユース4名(高野果穂、金内優希菜、坂本真紀、斎藤美緒さん)と、今回の旅の実行委員長である福岡YWCA会員樋口春菜さんと共に参加する機会に恵まれました。上海も南京も大都会で中国の急速な発展の勢いを感じました。日本YWCAからは20名、中国側からは中国YWCA総幹事他28名の参加でした。いずれもユースの参加者が7,8割と多く、みな明るく活発で、スマホを使いこなす現代の若者風な外見からは日本人、中国人の区別がつかないほどで、すぐ打ち解けあっている様子に世界のグローバル化を感じました。熊本のユースメンバーたちも臆することなく積極的に何でも吸収し、自分たちのオプショナルツアーもしっかり挙行したようです。用意されたプログラムの隅々に中国YWCAの温かな心遣いを感じ、旅の内容そのものは非常にシビアなものであり、涙する場面もたびたびあったにもかかわらず、心地良い充実感に満たされた時をすごすことができたことに民間平和交流の意義を強く感じました。
さて正味4日間という短い時間でしたが、中日の歴史、南京大虐殺、従軍慰安婦問題についての王先生、蘇先生の講義を聞き日本軍加害の暗黒の史実を学びました。動かしがたい証拠資料に基づいて事実を掘り起こすことの大切さに改めて気づかされました。自分たちにとって不都合な真実を改ざんしたり焼却した軍事政権の体質が今の日本の現政権にまで続いていることは恥であり徹底的に追及すべきです。それは同じ過ちを二度と繰り返さないために避けてはならないことだと思います。南京大虐殺記念館見学、従軍慰安所旧跡見学では、日本軍が犯した残虐非道の罪を否応なく突き付けられ、又その犠牲となったおびただしい人々の言いようのない痛み苦しみが迫ってきて非常に辛くなりました。4班に分かれて毎日グループごとにその日学んだ事感じたことを分かち合いましたが、それはとても深い語り合いの時となりました。プログラム終了時にグループごとに学びあったことを発表しましたが、どれも未来に向かっての平和構築につながるものでした。「南京大虐殺のことを私は決して忘れない。でも恨まない」中国のユースメンバーがいった言葉が忘れられません。加害国の人間には言えない言葉です。
広島を考える旅に呼応する形で、2006年に中国YWCAの提案を受けて2007年に始まった「南京を考える旅」です。戦争被害と戦争加害の実相をどちらも正しく知る歴史認識が大切であると実感します。日本の場合、戦争加害国としての歴史認識と謝罪が伴わない反核の訴えは、アジアでは伝わりにくいのです。教科書でも、加害の過ちを子どもたちにしっかり教える必要があります。「お引越しのできない隣国同士」、未来の平和を築いくためにも相互の歴史を正しく学びあう平和交流の旅が若い世代に引き継がれていくことを強く願うものです。



南京を考える旅 感想
斎藤未緒
昨年YWCAに出会い、今回初めてイベントに参加した。どのような感じになるのかはっきりとイメージを抱くこともないまま現地に到着したが、初日の夕食会では中国からの参加者たちにとても歓迎されていると感じた。
2日目は、王山峰氏の基調講演を聞き南京利済港慰安所旧跡陳列館を訪れた。旧慰安所では女性たちが性奴隷にさせられ殺される、あるいはその後も苦しみ続けているという証言や、日本軍が組織的に慰安婦制度を作っていたことを示す証拠などを案内を聞きながら見学した。慰安婦制度は性差別はもちろん、人種差別など多くの問題が混在している。3日目には慰安婦研究を続ける蘇智良氏の基調講演があり、その縁から、熊本への帰路の途中で上海師範大学にある中国慰安婦歴史博物館に行くこともできた。中国でいま生きている「慰安婦」だった女性たちは14人。これからもっと勉強したいテーマのひとつとなった。
侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館には3日目の午前中に訪れた。記念館前で追悼式を行ってから館内を見て回った。週末というのもあったのだろうが、館内はかなり混み合っており、関心の高さがうかがえた。残虐な写真や遺骨の展示など目を覆いたくなるようなものも多かったが、その残酷な行いは日本軍によるものだという事実を自分の中にしっかり留めておかなければならないと感じた。
4日間の学びの中で、加害者側の立場に立って考えることの難しさを改めて感じた。一方で、若い人たちが戦争の歴史を学ぶことを通して平和を築こうとする姿勢に強い刺激も受けた。慰安婦も南京大虐殺も学ぶこと自体が息苦しくなってしまうテーマであるが、一日の終わりにあるディスカッションで他の参加者の意見を聞いたり、文化的体験(中山陵見学や中国の伝統工芸作り)があることで、自分の中の考えや気持ちの風通しも少しよくなった。とても充実した南京を考える旅であった。

「南京を考える旅2018」に参加して
  金内優希菜
今回「南京の旅2018」に参加する中で多くの学びや体験、出会いを経験することができました。
歴史について学び日中互いに平和に向けて考えたいという思いを胸に参加を決めプログラムの日を迎えました。フィールドワークとして訪れた場所の1つに「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」があります。ここは私が幼い頃、南京大虐殺のことについて知るきっかけとなった場所です。実際に訪れてみると多くの来館者がいました。様々な年代の人々が熱心に展示を見ておりそれと同時に周囲の視線も気になり逃げ出したくなる自分もいました。しかし辛い事実としっかり向き合いその罪の深さを認め、受け止めて平和や友好について考えつなげていくことが大切なのだとプログラムを通して学びました。
グループ活動ではお互いに言葉は通じなくても、それぞれの熱い思いは通じてくるようでした。真剣に意見を交わし、ひとつの言葉に対してもそれぞれの立場から考え移動の合間をぬって話し合うこともありました。普段なかなかこの様な場面はなく、自分にとってとても大きな刺激となりました。さらに学びを深めたいという思いや、このプログラムで得た学びを多くの人に伝えたいという思いが強くあります。
また、実際に現地に行き交流することで中国という場所をとても身近に感じる様になりました。この様なところから平和や友好の輪が広がるのかなと感じます。
この様な貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

「ひな祭り」報告
松元 玲子
3月4日(日)、熊本市国際交流会館にて、今年度の「ひな祭り」を行ないました。好天に恵まれ、着物姿の留学生とご家族達は、会館の中で、あるいは城彩苑で写真を撮り合って嬉しそうでした。 今回は、大広間Bと茶道室をお借りして行いましたが、会場が狭いため、着物着付けの年齢を8歳以上の受付としました。当初、小さいお子さんの着物が揃わないかもしれないと言われていましたが、着付けの先生のご配慮で、当日同席されていた小さいお子さん達も着付けていただけることになり、皆さんに喜んでいただけました。今回、年齢制限でお断りした留学生のご家族には、大変申し訳なく思いますので、次回は配慮させていただきたいと思います。
着物着付け、お茶席、黒髪ひょっとこ会の皆さんによる余興(三味線演奏とひょっとこ踊り等)を、参加された皆さんが各々の立場で楽しんでいただき、素晴らしい「ひな祭り」を行うことができました。 今回、ボランティアの皆さんが40名程、留学生とご家族が40名程と大人数でひしめき合いましたが、次回は、同会館の大広間Aも予約できましたので、もっとスムーズに行う事ができると思います。やはり、国際交流会館は、場所が分かりやすい事、熊本城の近くなので写真撮影のロケーションも良い事、本格的な茶道室を使える事等、利点が多いので、今後もこの会場で行う事ができるよう会場確保を心掛けたいと思います。


保養キャンプから学んだこと
  ルーテル学院高校 新2年 吉岡 明日香
 私たちルーテルYは、演劇部の一部の友人と共に3月27日・28日に参加しました。未だ放射性物質の危険にさらされているため外遊びを控えなければならない状況があることをあらためて知り、子どもたちに思いっきり遊んで楽しんでほしいと思いました。
 ルーテルアワーでは、イースターの絵本の読み聞かせから入り、伝言ゲームやスプーンに乗せた紙タマゴ運び競争、しっぽ取りゲーム、エッグハントの順で活動しました。クラブ活動や放課後の時間を使って皆で準備した甲斐あって、子どもたちも楽しんでくれたのではと思います。中には、早く自由時間にならないかなというさめた雰囲気を出している子もいるにはいましたが、全体的には協力できたかなという感じです。しっぽ取り競争は、高校生も全力で走って疲れた人もいたほどです。
 その後も一緒に遊んだり話したりして時間があっという間に過ぎていきました。今回のキャンプでは、将来子どもの教育に携わる仕事に就きたいという希望を持っている私たちの仲間は、レクレーションする際に限らず子どもたちとの大切な時間をお互いに創っていくときの課題も見つけました。この貴重な体験をさせていただいたことで、普段のルーテルYWCA・YMCAの活動と勉学を、より良く充実させたいと強く思いました。
 ありがとうございました。




スポンサーサイト
タグ :

熊本YWCA新聞2018年3月号

 2018-04-15
会長辞任にあたりYWCAと共に歩んだ54年間を振り返って
江 﨑 啓 子

熊本YWCAは1964年11月8日に誕生しました。1年前から準備委員会を開始し、1年後に会員20名足らずでYWCA熊本グループとして発足し、会員25名となった1973年改めて熊本YWCAを名乗ることが出来ました。初代会長の江藤ゆきさんは子育ての最中でしたが、九州女学院の先生である役員さんも出席される夜の委員会のために、自宅を開放して委員会を開いておられました。
私は九州女学院で学校YWCAに属していたため、準備会から加わることになり、今までの54年間+1年間をYWCAとともに歩んできたことになります。YWCAに育てられたと言っても過言ではないと思います。最初は全国の集会に行きますと、皆さんが眩しくて、どうしたらあんな発言が出来るようになるのかしら?と思っていました。
1978年から会長を受け7年間、その後も穴埋め的に会長の任をとり続けて、合計しますと約20年間会長をしていたことになります。その間は日本YWCAの歩みにそって、いろいろのことを企画実行してきたつもりです。しかし、一つ今残念に思うことは後継者を育ててこなかったことです。それには時代もあったでしょうが、若い人を惹きつけるプログラムが展開できなかったことです。
今後のYWCA活動には若い人の力が必要です。熊本YWCAにはユース会員複数が存在しています。その力がすぐYWCAの力になるとは思いませんが、今熊本YWCAの体制を大きく変化させておくことで、近いうちに実現できるのではないでしょうか。
熊本YWCAの委員任期は1期2年ですので、今は2期目の途中での辞任と言うことになりますが、これからの熊本YWCA発展のためには必要だと判断しています。
今まで皆様のお支えにより会長に任を取らせていただきましたこと心より感謝申し上げて、会長辞任の挨拶と致します。


奨学生よりのお便り・・・その②
「YWCA奨学金を採用していただき」
ファンドンイン
この度は、熊本YWCAの奨学金に採用していただき、心よりお礼申し上げます。台湾を離れて、一人で生活費と授業料を維持するために、大学院に通いながら、アルバイトの掛け持ちをしなければなりません。家族は学費と生活費のことは気にせず学業に専念するようにと言ってくれましたが、やはり心苦しい気持ちはありました。しかし、今回この奨学金をいただくことによって、その負担をいくらか軽減することがきて、とても感謝しています。そのため奨学金の使い道としては、大学院の授業料や研究費用に充てさせていただこうと考えています。
私は現在教育学部研究科・学校教育実践専門について勉強しています。外国人の私としては、日本語の勉強や教育専門の課題は正直なところ私にとってはとても難しいです。しかし、同時に興味深くもあり、学ぶことの楽しさを教えてくれる専攻だと思っています。これからも教育学問の分野を深く学んでいきたいと思っています。このように自分の学びたいことを学べるのはとても幸せなことだと思っています。
YWCA奨学金のおかげで、金銭的な負担の軽減が影響していると実感し、本当に感謝しています。これからの学生生活の中でも、様々なことにチャレンジしていきながら悔いのない生活を送り、YWCA奨学金の支援に感謝し、精進していこうと思います。
最後になりますが、もう一度感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

「奨学金を受け取って」(原文英語)

張 子微
私は2016年の春に中国から来ました。熊本大学医学部神経内科学分野の修士学生で、IBM(50歳以上の患者に最も多くみられる筋傷害である封入体筋炎)の病理について研究しています。私は日本語が全くできないので、留学する前はとても心配していましたが、いざ来てみると、何も怖がる必要はなかったのだと分かりました。何か困ったことがあっても、周りにいた人だれでもが、一番必要な援助を心からしてくれました。今年の秋には短かいながらも、色どり豊かなここでの学生生活を終えて中国に帰ります。これからの人生、常に前向きで、思いやりのある人でありたいと思います。日本で出会った全て方々のように

ネイバーズ例会      
「外国の文化を学ぶ~タイ料理をとおして~」
 今回は、タイ出身で城南町にお住いのティッパワンさんと3ヶ月前にご結婚なさったスラツサワディさんを講師にお迎えしてのネイバーズ会でした。日本でもお馴染みの①トムヤンクンを市販のスープを使うのでなく、最初からタイ特有のスパイスとティッパワンのご自宅で栽培している香味野菜を使って作りました。料理に参加した皆さんからも初めて見る生の香草に驚きの声が上がってました。また、②スープなしのチキンカレーや③すり身に辛めのタイの調味料と香野菜を加え油で揚げ(日本のちぎり揚げ風)、スイートチリソースに胡瓜のみじん切りを混ぜてかけたもの、そして④タイで特別な日(お誕生日や新年)には必ず食卓に上るという、ココナッツミルクの中に食紅で色をつけたおイモのデザート。どのメニューをとってもタイを感じることができるお味でした。いつものように食事をしながら、タイの風土などについてもお話しして頂きました。
     (ネイバーズ会担当:竹屋純子)

ルーテルY卒業生の合格体験を聴いて

 高校2年 松岡 乃安
 ルーテル学院高校YWCA・YMCAは、聖書朗読と賛美、そして祈りの心を忘れずにボランティア活動やその他の研修をしています。先月、吉山さんも書いていたように、私たちは活動をとおして人間力を高めていきたいという志があります。
 最近、ルーテルYの先輩が熊本大学の法学部と教育学部に推薦入試で合格した体験談を聴きました。Yのクラブ活動での経験を志望理由書に具体的に書いたり、活動で成長したことを大学やさらに社会でどのように生かすかなど、ただ参加するのではなく考えて主体的に活動することの大切さを感じました。私にとっても、一年後に受験が迫っています。先輩たちの実績を引き継ぎ、YWCA・YMCAの会員は地味ではあってもよく考え、しっかりと活動する特長を誇りにしたいと思っています。 
 春休みに福島キッズ&熊本キッズわくわくキャンプのルーテルアワーで、楽しんでいただけるよう現在試行錯誤中。自分たちも楽しんでいないと子どもたちも楽しめないので、絶対に楽しくやりたいです。そして、キャンプが無事に成功しますように。

子どものための心理的応急処置(PFA)
1日研修報告
  松元 玲子
2/12(祝・月)、「福岡市中央児童会館あいくる」で行われた【子どものための心理的応急処置(PFA)1日研修】に参加して来ました。10:00~17:00、昼休みを挟んで6時間、しっかり研修を受け、無事に修了証をいただきました。
災害時などに、ストレスを抱えた子どもや親・養育者のこころを傷つけずに対応するためのスキルであるPFA 。グループワークやロールプレイをすることで、PFAについて理解を深めることができたように思います。
支援が必要だと思える人に対して、「見る、聴く、つなぐ」を心に留めて、「よく見る」、「よく聴く」、「うまくつなげる」ようにして行きたいです。「よく見る」「よく聴く」には、センスも必要だとファシリテーターの精神科医の方が言われていました。ロールプレイをしながら、特に「傾聴」のスキルは大事だと痛感しました。
セーブ・ザ・チルドレンの方の落ち着いた進行、熊本地震での事例に頷きながら、PFAのスキルを使うことで、安心して安全な支援ができることを知りました。参加された皆さんも、日頃子どものこころのケアについて関心の深い方々ばかりなので、グループワークで出される意見が的確で、ファシリテーターの方も、追加でアドバイスされる必要がない時もありました!
被災者に対してのみならず、支援者同士でもPFAが必要であることも、実体験から感じている事なので、この研修会をぜひ熊本でも開催して、一人でも多くの方に受講していただきたいと思います。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。