スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

☆福島県立相馬高校放送局制作DVD上映会☆

 2013-03-17
福島県立相馬高校放送局 東日本大震災作品 九州3都市上映会+制作・出演女子高生トーク
他 映像ドキュメント・音声ドキュメント・音声
ドラマ・演劇作品上映&トークショーと交流会
今伝えたいこと(仮)


ゲスト
相馬高校放送局顧問 渡部義弘先生&放送局部員生徒2名


4.4(木)18:30~20:30 長崎市 男女共同参画推進センターアマランス 研修室
4.5(金)19:00~21:00 水俣市 もやい館 会議室 

4.6(土)15:00~18:00 熊本市 九州学院 ホール

当日カンパ・寄付 一口500 円のご協力をお願いいたします。(高校生以下無料)

主催
相馬高校放送局九州招聘実行委員会
http://soumahigh9syu.wordpress.com/


問合せ
aishihar@hotmail.com (石原)
長崎地区095-844-5696(長崎YWCA 熊江)
水俣地区090-7390-9648(大澤)   
熊本地区096-364-6134(九州学院 谷口)
     090-1085-9727(熊本YWCA)





誰かお願いです!私たちの話を聞いてください!
子供の訴えを無視しないでください!
今ある現状を忘れないでください!
女子高校生が体験した東日本大震災/ 原発災害の現実が、そのこころの叫びが、全国を震撼させる…


呼びかけの言葉 熊本大学 石原明子  (紛争解決・平和構築学)
 福島県立相馬高校は、東日本大震災で地震・津波と原発災害の影響を
多重に受けた相馬市にある歴史ある高校です。その放送局( 部活動)は、
震災後、震災の体験を映像ドキュメント、音声ドキュメント、音声ドラマ、
演劇として制作し、その衝撃的な作品は全国を震撼させています。
 呼びかけ人の石原は、これまで、東日本大震災/原発災害下で起こって
いる問題について取り組むため、福島県を含める被災地域に足を運ぶ中
で、その中で、現地の人々の中に起こっている声にならない葛藤、矛盾、
絶望、希望が綯交ぜになった現実に直面している中で、この作品群に出
会い、声にならない声を描き出すこの作品たちの力に圧倒されました。ま
た、高校生の認識する力、表現する力に圧倒されながらも、普段では大人
の声以上に表に出ない、出させてもらえない若者の声が表に出るとの重要
性と、そのことが若い世代にとっても、また、社会にとっても、非常に重
要なことであるということを感じさせられました。
 今、福島で起こっていることをこの九州の地から理解するためにも、今
回、この作品の上映会と制作・出演した二人の女子高生(放送局部員)
との交流会を九州(長崎・水俣・熊本)で行いたく思っております。今回、
相馬高校放送局の顧問である渡部義弘先生と1年生のときから震災体験
を作品として表現してきた2人の生徒の方々との交流を通じて、今改めて、
九州の地から、東日本大震災/ 原発災害の中でどのようなことが起こって
いるのか、とは、私たちの未来はどうあるべきか、ということを、みなさ
んと考えてみたいと思います。

あらすじ ★今 伝えたいこと(仮)
東日本大震災から1 年。いつものように放課後、雑談に興じる仲良し女子高生三人組、真希、望美、桜。雑談の中にも否応なしに出て来るのは震災の話題、そして原発の話題。不謹慎な話題の中にも女子高生の震災に対する本音が表出する。下校時間になり、教室にたった一人残った望美が言う。
「福島か、放射能か、こんなの嫌になっちゃうよ。」
 望美が、その夜自殺した。明るく振る舞っていたはずなのになぜなのか? 次第に明らかになるそれぞれが置かれている環境、そして深層心理。震災後1年を経ても、みんな腫れ物に触るように、お互いの被災状況については触れずに過ごしてきたのだった。そこで真希は、望美が警戒区域から転校してきたこと、津波で家族を全員亡くしていること、酪農家に引き取られたことを知る。さらには望美がネットに書き込まれた差別的な発言も目にすることになる。「原発ある福島県民は放射能まみれワロター」「マジ福島とか被害者ぶってんじゃねーよ」「放射能の海に閉じ込めておけ、こっち来んな」「被害者ぶってんじゃねーよ」望美が置かれていた絶望的な状況・・・。

主な上映作品
※上映作品は地区によって若干ことなることがあります。
★our(un)ordinary(テレビドキュメント・8 分)
★緊急時避難準備不要区域より(ラジオドキュメント・7分)
★今 伝えたいこと(仮)(演劇作品 DVD)
★Girl’s Life in Soma (テレビドキュメント・8分)

賛同団体
九州学院/ 九州学院育友会/ 矯風会長崎支部/ 熊本県ユニセフ協会/熊本大学石原研究室/ 熊本YMCA/ 熊本YWCA/原発事故子ども・被災者支援市民テーブルくまもと/長崎市退職女性教職員の会/日本福音ルーテル教会九州教区社会奉仕部/Peace Seeds International/ 非戦・平和を願う真宗者の会・熊本
(2/28 現在・50 音順)

賛同団体・賛同人募集
※本企画では、高校生や顧問の先生の福島から九州までの交通費や宿泊費など
約40 万円がかかり、皆様からのカンパや寄付でまかなおうとしております。
 カンパや寄付をいただけます方は、おもて面の問い合わせ先にメールかお電
話でお問い合わせください。賛同団体や賛同人は、カンパや寄付のいかんに関
わらず、おなりいただけます。
                               
関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ywcakumamoto.blog.fc2.com/tb.php/11-37adee87

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。