スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

熊本YWCA新聞2013年10月号

 2013-10-08
熊本YWCA50周年を迎えて
今回は準備委員会から関わり、熊本YWCAの立ち上げの席に着いてくださった方々2名に、一言ずつYWCAへの思い・感想を記していただきました。本来なら、記念式典の会場にてちょうだいいたしたい言葉ですが、ここにお披露目をしたいと思います。

 月並みな言い方ですが、熊本YWCA50周年おめでとうございます。
初代会長江藤ゆき婦人が御著書の中に「決して決して忙しい思いはさせませんから・・・」と、かわいく小首をかしげて頼みに来られた丸井和子さん とお書きいただいたその本人です。その言葉を裏にして翌年には上京してしまい、すっかり江藤会長を始め、皆様方に会をお委ねしてしまいました。月々送られてくる会報が、絶えることなく大きな本流に則りながら、自分たちらしさ その時、その場に最も相応しい、いや皆を引っ張っていく運動性・目的性を持ちながら、四季折々の行事まで見据えた活動を続けておられることを今日までずっと伝えてくれました。
ある時は聴衆が少なく頭を抱えられたこと、またある時は予定した人数より大勢の方が参加され大童なさったご様子など 誌面から伺う以上にご苦労を重ねてこられたことと拝察します。熊本中、いや日本中、もっと大きく世界から心からの祝辞が届いているでしょう。                       
賛助会員 住 和子    2013.9.17記す
 
この度創立50周年をお迎えになり、心からお祝い申し上げます。
ここまで会が大きく成長しようとは誰が思ったでしょうか。会員の皆様の協力と努力の賜物だと思います。
 今後とも初代会長江藤ゆき姉の思いを継いでYWCAを愛し、時代に相応しい歩みを続けていって頂きたいと願っています。      賛助会員 嶋田 紫    2013.9.20記す



9月の聖書の学び「健康と信仰」       宮崎弥男牧師
箴言3:1~12
1:わが子よ、わたしの教えをわすれるな。わたしの戒めを心に納めよ。
2:そうすれば、心の年月、生涯の日々は増し、平和が与えられるであろう。
7:自分自身を知恵ある者と見るな。主を畏れ、悪を避けよ。
8:そうすれば、あなたの筋肉は柔軟となりあなたの骨は潤されるであろう。

敬老の日を送り、健康と平安、長寿と信仰について学びました。現代社会は健康について関心が高く、それに付随する品物、食品もよく売れています。昔から心身ともに健やかなのが真の健康といわれていましたが、昨今は身体のみに偏っているように思われます。
本当に健康な人は、体に不調があっても感謝して朗らかに生きる人です。ホスピスの医師として働いてこられた柏木哲夫先生は、多くの死を看取った経験を語っておられます。
「死を迎える時、信仰をもっているか、いないかで違う。どのように生きてきたか。死を前にした時見えてくる。」
真の平安をイエス・キリストから与えてもらった人は、生きる知恵を主の御言葉の中から見出します。そして心の平安を与えられます。自分自身を知恵ある者とみるな。主を畏れよ。
主の御言葉を聴いて、神様に祝福された生命を健康に生きる、本当の健康は心の平安からもたらされるものだと思いました。    (那須記)


リサイクルバザー報告

 1989年、遠い異国の地からやってきた留学生の日本での生活をサポートする目的で発足したこの会も、早いもので25年が経ちました。以来、沢山の会員の皆様、その御友人などの協力を得てバザーを続けてこられましたことに、心より感謝いたします。     
留学生バザーは毎月第一土曜日です。最近のバザーの様子を見ていますと、ボランティアの中で「以前に比べ留学生の利用が減少したのではないか」という声が聞かれるようになりました。
そこでデータをとったところ、留学生の移動時期である4・5月と10・11月の利用は多いが、夏休みと重なる時期はとても少ないことが分かりました。
今年は思い切って夏の3か月を閉館とし、その間を大掃除にあてることにしました。清掃は7~9月の3回、ボランティア数延べ40名で行いました。
YWCA会館には皆さんからの善意の献品が沢山詰まっています。大掃除は、これまでの整理が追い付かず、(奥に眠っている物をはじめ)数多くある物を吟味して減らすこと、押し入れに積んである布団を熱い太陽の下に干すことが中心となりました。 

 減らす基準は
衣服・・・シミがついている・生地が固い・毛玉がついている・伸びている・使用した下着・形が古い・良いものだけど留学生のニーズに合わない(紳士物スーツ)
食器を含む日用品・・・日本的な小皿・徳利・杯・欠けた陶器・曇ったグラス・汚すぎる鍋類・使用法の分からないものなど
家具・電化製品・・・古くて動かない・大きすぎて留学生に不向きなど(今回は4千円で業者に引取り依頼)    
 
以上の基準で黙々と処分をしていきました。捨てるための袋が次々にでき約30~40袋にもなりました。その甲斐があってか、今Y会館はとても整理のきいた室内になっています。
そこで、お願いがあります。留学生のために品物は必要です。留学生が必要としているものは、私たちの身近な青年たちが必要とし使っているものと同じです。20代・30代の若者とその家族をイメージして、今一度品物選びをしていただけるといいなと思っています。      (係 伊達)




コーラスで喜びを    首藤和子
 熊本YWCAコーラスは、平和孝嗣先生のご指導と斉藤ちづる先生の伴奏で、宗教曲を中心に練習をしています。発足して20年、皆でハモることの楽しさ難しさを味わいながら数々の合唱曲に出会うことができました。
 熊本YWCAのこれまでの歩みの中で、その時々に必要とされた支援活動の一環としてチャリティーコンサートで歌い、毎年のクリスマスにはミニコンサートの形で喜びを共にしてきました。平和・斉藤両先生方の音楽への深く鋭い感性、そこからあふれ出る表現の魅力に引き込まれながら、いつの間にかハーモニーが出来上がってゆくようです。
 目下、熊本YWCA創立50周年記念祝会でのコンサートへ向けて練習中です。今回は日本の歌も取り入れ、言葉に込められた思いをどう表現するか、宗教曲とは違った難しさを感じます。声の響きを一つにして、皆様に心地よいコーラスをお届けできるよう、団員一同気持ちを合わせて仕上げの練習に取り組んでいるところです。

国際部からお願い
留学生の家族を募集しています。
熊本にも色々な国から多くの留学生が来ています。彼らは慣れない土地で熱意をもって勉学に励んでいますが、地元の人々と交流する機会は多くありません。そこで時々共に食事をしたり、お茶を飲んだりあるいは熊本の紹介や、日本文化に触れるなどの機会を作っていただく、そういったものをお願いできたらと思っています。会員の皆様だけでなくお友達やお知り合いの方たちにも呼びかけていただきたいです。実りある交流が皆様をお待ちしています。
詳しいことは国際部石田までご一報お願いします。

・ハリルさん(トルコ・男性・薬学部)明るい性格
・劉さん家族(台湾・お子さん2人-2歳と5か月の赤ちゃん)村上春樹に詳しい
・オコロさん(ナイジェリア・女性・医学部)
・張さん(韓国・男性・建築) 
・ユンさん(韓国・男性・文学部)
・アショクさん夫妻(インド・工学部)楽しい

   旅  ミラノ   (第3回)           石田喜美子
古い話で恐縮ですが ケビンコスナー演じるエリオットネスの「アンタッチャブル」という映画をご存知ですか。そう、1987年はアメリカの禁酒法時代の連邦捜査官とギャングとの戦いの映画です。そしてあの駅での有名な息づまる決闘シーンを覚えていらっしゃいますか。
その駅がまさにこのイタリアはミラノの中央駅なのです。1931年に完成したアールデコ様式の美しいミラノ中央駅、ここであの映画は撮影されたのです。
私たち(お馴染みの老夫婦)は今、映画の中の一シーンと同じように重い旅行鞄を抱えて駅の階段を降りていきます。この駅のホームは3階にあるので町へ出るには階段を降りなくてはなりません。長い階段の途中、私たちは踊り場で一息入れます。そして再びゆっくりと降り始めます。映画の中の場面の一つ一つを踏みしめながら階段を下りるんです。やっと階下にたどり着きふっと後ろを振り返ると、なんと少し離れたそこには美しいエスカレーターが微笑みながら上から流れ降りてきているではありませんか。時代は変わっていたのです。
ミラノはどっしりと落ち着いた大きな町です。歩いていると歴史の重さがひしひしと伝わってきます。建物の大きさや古さだけではありません。須賀敦子さん(13年間イタリアで過ごされたイタリア文学者)の本の中の人物が歩いているからです。ミラノスカラ座に桟敷を持っていそうな(大変な資産家という意味もあります)高齢な夫人、疲れたその顔にムッソリーニの時代を生き抜いてきたかと思われる皺深い老人、謎めいた美しい細い通りの美しい若者、いく百年の人々の営みを肌で感じ、めまいを覚えるほどでした。


関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ywcakumamoto.blog.fc2.com/tb.php/21-39448b60

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。