スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

熊本YWCA新聞11月号

 2015-11-04
YWCAの非暴力週間に寄せて     
井芹さゆり   

ご存知の方も多いと思いますが、10月半ばからYWCAは非暴力週間、特に女性ヘの暴力に関する取組みをしています。同様に、国内でも女性の人権を守る週間としての取組みも強化されています。そして、この取り組みのシンボルとしてパープルリボン運動が呼びかけられています。紫というのは高貴で、美しい色だと思いますが、その対象が暴力、DV、虐待という言葉と結びつく時、理不尽さを感じます。ただ、多くの皆さんにとっては、身近に差し迫った問題とは考えにくいかもしれませんね・・・。ですが、いろいろな情報に接していると思います。その中で、どのようなことが考えられるでしょう。まずは、被害者の救済です。現在、被害者のためには女性の人権ホットラインなどの相談窓口はもちろん、つい先日、性暴力被害を受けた時に即対応できる24時間体制の「ゆあさいどくまもと」も開設されました。一方において加害者サイドについては、刑事罰はあってもこれまで十分な対応がされていなかった部分に対し、更生プログラムを実施する「り・まっぷ」というNPOの取組みも始まっています。では、その前の段階、つまり暴力の被害者だけでなく、加害者も作らないための方法も考える必要があります。それが、男女を問わず早い段階でのDV啓発になると思うのです。双方ともにDVという意識がないまま、暴力が大きくなる危機があるのではないでしょうか。あの有名な”壁ドン“も、女性を暴力で脅かしている側面があるという見方をすると、ずいぶん違ってみえてきませんか?
限られた期間だけでなく、弱い立場の人々に関心を持ち続けること、心を寄せ続けることが大切ではないかと改めて思いました。これからも皆さんのご支援を得ながら、熊本YWCAとしての取組みを進めていけたらと思っています。

聖書の学び
西川晶子牧師(ルーテル室園教会)
     マルコによる福音書5章
                    
イエスは弟子たちと共にガリラヤ湖(パレスチナ)を渡られます。途中嵐に襲われ人々は恐れあわて同じ船の中で眠っていられるイエスを起こします。「なぜ怖がるのか。まだ信じられないのか。」このイエスのみ言葉は信じることの難しさを考えさせられます。共に歩んできた弟子達にとってもそうなのですから。
イエスによって静められた嵐の後やがて一行はゲラサ人(ヨルダン)の地方に着きました。そこでイエスは悪霊に取りつかれた一人の男に会われます。鎖や足枷で縛られ洞窟のようなところ(当時の墓場)で生活をしているこの人はいかにも今でいう精神を病んでいる人に思われます。彼の中の悪霊とイエスとの会話は興味深いものでした。ゲサラ人の中の複数の悪霊はイエスを恐れ「構わないでくれ」と叫ぶのです。ガリラヤ湖の嵐も人の中に住む悪霊も皆イエスを恐れているのです。悪霊を追い払ってもらい正気に返ったこの男はイエスと共に歩んで行きたいと申し出ます。しかしイエスは「自分の家に帰りなさい。そして主があなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい」と言われました。
地図を見ながら、細かい質問を繰り返しながらの勉強会はまるで長い物語を紐解くようで深くダイナミックな世界へと私たちを導いていくのです。      (石田記)








「2015年度 福島&熊本キッズ 春の
わくわくキャンプ」実行委員会報告

       熊本学園大学1年 原 侑希
皆さま、最近寒暖の差が激しいですがいかがお過ごしでしょうか?
さて、今年も「わくわくキャンプ」の時期が近づいてきました。私達は今10月3日に第一回目の実行委員会を立ち上げ、ファンドレイジング(資金集め)、食事、リーダーへの連絡調整、会計、福島との連絡係、広報係、しおり作りの7つの役割分担を決め、当日のわくわくキャンプに向けて活動し始めました。
次回の第二回目の実行委員会では、完全にプログラム作成を行う予定にしています。また、随時経過報告を「熊本YWCA」のFacebookで更新していくつもりです。
キャンプ参加者も私たちも楽しく安全に過ごしていくために4泊5日を成功させられるように頑張っていきます。今後共、会員の皆さまのご支援ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。次回の報告もお楽しみに!!




緊急のお願い! 熊本YWCAの運営費についてご理解を

     会長 江﨑啓子、会計 貝塚好子
日頃より、会員の皆様のご支援により熊本YWCAの活動が維持されておりますことにまず感謝申し上げます。
熊本YWCAは地域Yのみならず、日本YWCA、世界YWCAと繋がり、女性や子どもの人権・核のない社会・平和な国を目指す世界的な運動に参加し、支援をしています。そして、熊本でも本当に安心して住むことができる社会作りを目指し、未来の社会への責任をも考えて日々活動しています。また、留学生支援や被災地支援、会員のためのプログラムなども地道に継続して行っています。しかし、昨年より会の運営費(リサイクルセンターの維持費や諸団体との連携など)に逼迫する事態が生じています。現状は厳しく、運営費を生み出す持続的な収入事業は期待できず、皆様の会費、賛助会費で成り立ち今日に至っています。しかし、会員、賛助会員の減少と会費未納の増加、年2回の会員バザー収益の減少などにより、年度途中で運営費が不足し、昨年度は特別会計積立金を取り崩して賄わざる得ませんでした。今年度も大きな問題になってきています。このような熊本YWCAの厳しい実情をご理解くださいまして、会費・賛助会費の納入を年末までにご入金頂きますよう切にお願い申しあげます。ただし、長期間未納と思われる方は先に、担当者までご連絡いただければ幸いに存じます。なお、現在登録会員の方には、熊本YWCA通信をお届しています。年会費は、会員9000円、賛助会員A5000円、賛助会員B3000円です。                       会員の皆様には、会費納入のほかに、新会員のご紹介やご寄付、会員バザーへの出品、売り上げ等にもご支援とご協力いただきますよう重ねてお願い申し上げます。



リサイクルバザーに参加して 
 
  植田輝美
10月3日は快晴だった。開始時間にはまだ早い。しかし、すでに入口付近には人だかりがあった。この日を待ちわびて、お客さんが来ていたのだ。お客さんは留学生とその家族である。当日は布団や毛布などがあっという間に完売状態になった。まさに「飛ぶように」売れたのである。
 「これ、いくらですか」と日本語で聞いてくる。中には、「もう少し・・・」と言って値段交渉をする学生もいる。楽しい時間である。一度買って、また、中へ入っていいものを探すのである。アンティークの小さなタンスを西洋人が買っていく。今では目にしない観音開きのタンスである。何に使うのか、こちらまで興味をそそられる。その人にはいらないものが、必要な人に格安で渡ってゆく。
小さな善意が、「ありがとうございました」の言葉で笑顔になった一日だった。


講演会「コリ原発をとめた韓国!」について

講師イユンスクさんは吉村千恵さんの5年来の友人です。「韓国は、日本の影響も受けつつ脱原発の動きが始まりましたが、あっというまに日本を抜き、先日ゴリ原発を止めることに成功しました。そのゴリ原発を止めよう!とどんどん頭角を現していって今や韓国Yの中だけではなく、韓国中で有名になった運動家のイユンスクさんという方がいます。彼女は韓国YWCAのスタッフですが、日本の鍼灸師の資格もお持ちで日本語ぺらぺらです。脱原発の思想は、日本の書物からどんどん吸収されています。その彼女が今度北九州大学での講義のため来日するそうです。で、その前日熊本にも遊びに来たいという連絡が・・」との経緯で実現しました。
希少なチャンスです。是非ご参加を! 
 *11月12日18時~室園教会 (詳細は別記事に)

関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ywcakumamoto.blog.fc2.com/tb.php/61-28c6236c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。